FUT ENGINEERING

【FIFA18 UT 攻略】TOTW21 – サラー(89)、バチュアイ(85)、アケ(84) etc

【FIFA18 UT 攻略】TOTW21 – サラー(89)、バチュアイ(85)、アケ(84) etc

TOTW21 選出選手

TOTW21が発表された。
配信期間は、2018/2/8 3:00 〜 2/15 2:59の1週間。
冬のOTW開催中の対象選手がなんと同時に3名選出されている。
【FIFA18 UT 攻略】TOTW21 – サラー(89)、バチュアイ(85)、アケ(84) etc

ピックアップ選手

今週も個人的に気になるカードをご紹介。

右サイドトップクラスの仲間入り!「サラー(89 / RW / リヴァプール)」

右サイドトップクラスの仲間入り!「サラー(89 / RW / リヴァプール)」
今シーズン、プレミア再挑戦となるサラーは大ブレイク中で、FUT18での特殊カードは今回の選出で5種類目となる。
今回は本職のRWでの選出レートは89に到達。
右サイドのトッププレイヤーである、メッシ、ベイル、黒ディバラと比較しても引けを取らない能力で、中でもスピードは97となり、加えてポジショニング99決定力96と、右サイドNo.1の能力。
プレミアリーグではNo.1の右サイドアタッカーだろう。
右サイドトップクラスの仲間入り!「サラー(89 / RW / リヴァプール)」

ブンデスSTの新たな選択肢「バチュアイ(85 / ST / ドルトムント)」

ブンデスSTの新たな選択肢「バチュアイ(85 / ST / ドルトムント)」
冬のOTWに選出されたバチュアイは、ドルトムントへ移籍した初戦から大活躍。
TOTWは2度目の選出となるので、レギュラーカードでのレート80から+5の85となった。
ブンデスリーガはストライカーの選択が難しく、トップ2はレヴァンドフスキーとオーバメヤン。次点に少し空いて黒ヴェルナーのレート84。
今回の選出で、黒バチュアイはブンデス3番手のストライカーとなった。
相場も10万弱で手が出せる範囲に落ち着いた。
個人的にはバチュアイはドルトムントにハマってる感じがするので、少し投資してOTWを狙っても良いと思う。
ブンデスSTの新たな選択肢「バチュアイ(85 / ST / ドルトムント)」

成長を重ねるスピードCBが更に進化「アケ(84 / CB / ボーンマス)」

成長を重ねるスピードCBが更に進化「アケ(84 / CB / ボーンマス)」
若手注目株のCBナタン・アケが2度目の選出。
レギュラーカードのレートが75から2度の選出で84まで上昇。上位CBの仲間入り。
元々スピードのある選手で、1度目の選出でペース80、今回の選出でペース81となった。
そもそもペース80を超えるCBはアイコンを除いたレギュラーカードとTOTWでは7人しかいない。
成長を重ねるスピードCBが更に進化「アケ(84 / CB / ボーンマス)」
足の速いCBは無条件で使える上ディフェンス能力も高いため、いよいよ普通にチョイスする人が増えそうな予感。
その証拠に相場は10万越えとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です