PICK UP

CATEGORY

TAG

ABOUT FUT ENGINEERING

【FIFA19 攻略】フォーメーション戦術解剖①(4-4-2)

【FIFA19 攻略】フォーメーション戦術解剖①(4-4-2)

本記事ではサッカーの基本的なフォーメーション戦術について説明している。
FUTでプレイする際にも実際の戦術は参考になるので、特にサッカー未経験者は戦術を頭に入れておくとより戦術を意識してプレイができ楽しさも倍増するはず。
各フォーメーションごとにポジションが果たす役割も変わってくるため、自分の「フォーメーション」と「選手の特徴」が合っているかなどを見直す際の参考にしていただけると嬉しい。

※なおフォーメーションの表記(4-4-2などの表記)は人によって変わる場合もあるが、本記事内ではあくまでFUT内の表記に合わせて記載している。また、FUT内ではリアルな戦術が必ずしも有効とは限らないので、あくまで参考として本記事を読んでいただきたい。

フォーメーションの特徴

4-4-2_squad
4-4-2(2)_squad

配置とポイント

このフォーメーションはDF-MF-FWがそれぞれ4-4-2の3つのラインから形成され、選手同士が均等に配置されている。特徴としては選手の距離感がとりやすいことで相手に攻撃のスペースを与えない守備のバランスがとれたフォーメーションである。FUT内では「4-4-2」・「4-4-2(2)」が当てはまる。(「4-4-2(2)」は中央の選手がより守備的なポジションをとる。)
選手の距離感が非常に重要であるためゾーンで守るのが基本である。その為、守備においては「各自のゾーン内でやられないという個の意識」が非常に重要になってくる。(とはいえ周囲へのサポートの意識も忘れずに)

    ★ポイント★

  • サイドで数的優位を作れるため、相手をサイドへ追い込みボールを奪取するプレッシングサッカーが◎

戦術について

以下ではより具体的に効果的な戦術について攻撃面・守備面に分けて説明していく。

攻撃戦術

このフォーメーションにおいて最も重要なポジションを担うのがサイドハーフ(LM/RM)の選手である。
繰り返しになるがサイドで数的優位を作れるフォーメーションであるため、攻撃時にはサイドからの突破が必要不可欠になる。逆にサイドの選手に突破力がないと前線の2人のFWが孤立してしまい機能しなくなってしまう。

    ★攻撃スタイル★

  • サイドハーフの選手を起点にし、「縦へのドリブル突破」・「中央へのクロス」・「中へ切り込み自らフィニッシュ」など

守備戦術

基本的には選手同士の絶妙な距離感が相手の攻撃スペースを潰し、失点のリスクが小さいフォーメーション。
前線からボールを追いかけ、数的優位なサイドへ誘導することでボールを奪うプレッシングサッカーが効果的といえる。ただし、全ての選手が連動して動く必要がある為、非常に組織的なフォーメーションともいえる。

具体的な守備のスタイルは大きく以下の2種類がある。

    ★縦への突破を防ぐ守備スタイル★

  • 前線の選手が相手のセンターバック⇒サイドバックへパスを出させるようにプレスをかける。
  • 相手サイドバックにボールが出たらサイドハーフが縦へのパスコースを切り、前線の選手は相手センターバックへのリターンパスをケア。
  • やむなく中央へパスが出た瞬間に、サイドハーフ・ボランチ・サイドバックなどで素早く囲む。
    ★中央突破を防ぐ守備スタイル★

  • 前線の選手が相手のセンターバック⇒サイドバックへパスを出させるようにプレスをかける。
  • 相手サイドバックにボールが出たらサイドハーフが中央へのパスコースを切り、前線の選手は相手センターバックへのリターンパスをケア。
  • やむなく縦へパスが出た瞬間に、サイドハーフ・ボランチ・サイドバックなどで素早く囲む。

各ポジションの役割

フォワード(ST)

守備時は相手センターバックからサイドへボールを追い込み、リターンパスを出させないようにケア。
攻撃時は2人が連携してゴールを目指す。フィジカルのあるポストプレーヤーとスピードのあるストライカーなど、異なるタイプで2トップを組ませたいところ。

サイドハーフ(LM/RM)

高い守備能力に加え、攻撃時には縦への突破力やクロスの正確性、時には自ら中へ切り込んで得点できるシュート力を求められる。
このフォーメーションにおいては最重要ポジションである。

センターハーフ(CM/CDM)

広い視野と運動量が必要不可欠。組織的なフォーメーションでもある為、チーム全体を統率する役割も担う。
ゲームキャプテンといったところ。

サイドバック(LB/RB)

基本は守備に重点を置いたフォーメーションなので、相手の選手にクロスを上げさせないなどの対応能力が問われる。
攻撃時にはサイドハーフの選手と連携し状況判断する見極めも必要。

センターバック(CB)

1対1で絶対に負けないことが最も重要。基本は抜かれないことを意識し、シュートが打たれそうなときには素早く体を寄せる。

他フォーメーションとの相性

相性の良いフォーメーション

くどいようだがサイドで数的優位を作ることが肝心になってくるので、「サイドの枚数が同じである4-2-3-1」(FUT内では「4-2-3-1(2)」)は比較的戦いやすいフォーメーションであるといえる。サイドのないフォーメーションの方が有利に戦えるのでは?と思うかもしれないが、その場合は中央が数的不利になり守りにくくなってしまう。

相性の悪いフォーメーション

戦いにくいのは逆に「サイドのない4-1-2-1-2」(FUT内では「4-1-2-1-2(2)」)のダイヤモンド型のフォーメーションである。特にダイヤモンド型の両サイドが中央にポジションをとった際に中央が数的不利に陥り、それに釣られてサイドのスペースを空けてしまうと今度は相手のサイドバックが攻撃参加してくる。各選手のポジショニングが非常に繊細になり、判断が難しいフォーメーションである。

採用しているチーム・クラブ

ここでは4-4-2のフォーメーションで最も実績のあるアトレティコ・マドリードを紹介していく。

「世界最強の4-4-2」シメオネ/アトレティコ・マドリード

バルセロナとレアルマドリードという圧倒的強さを誇る2つのクラブがいた中で、2013-14シーズンにリーグ優勝を果たすことができたのはこの戦術があったからといえるかもしれない。
この戦術は「勝つための戦術というよりは、負けないための戦術」とも言われているが、確かにアトレティコはシメオネが就任して以降ほぼ毎シーズンで、リーガ最小失点のクラブとなっている。(ちなみに今シーズンも第36節終了時点でリーガ最少失点である。)

liga_18-19_36

絶対に負けられない格上との試合では有効な戦術と言えるかもしれない。

まとめ

以下に4-4-2の戦術について、ここまで説明してきた内容をまとめる。

  • 4-4-2は守備重視のフォーメーション
  • 攻守においてサイドハーフ(LM/RM)がキープレーヤー
  • 数的優位を作れる両サイドを主体にしたプレッシングサッカーが有効
  • 4-2-3-1(2)と相性が良い
  • 4-1-2-1-2(2)と相性が悪い

SHARESNSでシェア

RELATIVE TAG関連タグ

RELATIVE ARTICLE関連記事