FUT ENGINEERING

【FIFA19】キックオフモードの仕様が大幅変更!試合データの分析にも注力!

【FIFA19】キックオフモードの仕様が大幅変更!試合データの分析にも注力!

FIFA19より通常のキックオフに加えて新たに5つのモードが追加される。
通常のキックオフとは一味違い、ユーザー毎の独自の楽しみ方が増えそうだ。

新たに追加される5つのモード

新たに追加される5つのモード

新たに追加される5つのモード

新たに追加される5つのモード

UEFAチャンピオンズリーグモード

グループステージからトーナメント決勝までCLを自由にカスタマイズする事が可能。
実際のCLさながらのビジュアルとルールで、よりリアルで没入感のあるトーナメントを体験できるモード。

ハウスルール

FIFA19で通常とは異なる様々なルールで試合をする事が可能なモード。
ハウスルール内でさらに細分化され、以下の5つのルールから選択可能。

  • サバイバルモード
    ゴールを決める度に、得点を決めたチームの選手がランダムに1人ずつ減っていくモード。
  • ノールール
    「オフサイド」や「ファール」などの通常のサッカールールが全くないモード。
  • ロングレンジ
    ペナルティエリア内からの得点は1ゴール、エリア外からの特点は2ゴールでカウントするモード。
  • First to…
    自由にカスタマイズが可能なモード。
    ゴールデンゴール方式や3ゴール方式、延長戦、PK戦などのルールを設定可能。
  • ヘディング&ボレー
    ヘディングかボレーのゴールのみが得点としてカウントされるモード。
    PKやFKからの得点も認められるが、それ以外のゴールは認められない。

ベスト オブ シリーズ

通常のクラシックマッチを3試合もしくは5試合行い、勝者を決定するモード。

ホーム&アウェイ

その名の通りホーム&アウェイ方式で勝者を決定するモード。
ホームとアウェイの2試合のトータルスコアで争い、同点の場合はアウェイゴール数で勝敗が決まる。
それでも決まらない場合は延長戦およびPK戦を行う。

Cup Finals

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップなどのリアルなカップ決勝戦をプレイするモード。
公式ユニフォーム・バッチ・マッチボール・本格的な放送ビジュアルを再現することで、より本格的な体験をすることが可能に。

データトラッキング機能

データトラッキング機能

データトラッキング機能

FIFA19では前述した新モードに加え、新たにデータトラッキング機能が追加された。
これは全てのキックオフモードでプレイした試合の記録と詳細な解析の統計を管理する機能であり、この統計を利用する事でゲームプランを事前に分析し、試合前に戦術を微調整することが可能になる。

データトラッキング表示項目

  • 勝利数
  • 敗戦数
  • 引き分け
  • 勝率(%)
  • 得点
  • 失点
  • 得失点
  • ゴールの種類
    • ペナルティボックス内
    • ペナルティボックス外
    • PK
    • フリーキック
  • ゴールヒートマップ
  • シュート精度(%)
  • 枠内シュート
  • シュート本数
  • ボール保持率(%)
  • エリア内ボール保持率(%)
  • パス成功率(%)

対戦相手比較の表示項目

  • 直近5試合の戦績
  • ホーム&アウェイでの最多勝利
  • ベスト オブ シリーズ(3勝)での最多勝利
  • ベスト オブ シリーズ(5勝)での最多勝利
  • Cup Finalsでの最多勝利
  • 最速得点記録
  • 最大得点差

アカウントリンク

各自のキックオフ名を作成し、FIFAのサーバーに統計情報を保存できる。
これにより選んだコンソール毎にFIFA19をプレイした進捗の確認が可能。
(IDはコンソール間での使用はできません。)
コンソールのプロフィールにログインをすれば、キックオフ名とリンクし、どのコンソールからでもデータを記録できるようになる。

FIFAキックオフ名のプロセス

⑴ホームかアウェイかを選択
⑵新しいキックオフ名を作成、もしくは既存のキックオフ名を選択
⑶新しいキックオフ名を作成の場合は、任意の名前を入力する。

ユーザーがどこでプレイをしても、キックオフ名があればデータを記録できます。

コンソールでのデータトラッキングとアカウントリンクの違い

<PS4 データトラッキング>
キックオフ名を作成すると、前セッションの試合データを追跡可能。
既存のキックオフ名を選択すれば、キックオフをプレイした時のデータは常に記録される。
キックオフ名をオンラインIDにリンクすれば、どこでプレイしようとデータを記録できる。

<Xbox One データトラッキング>
キックオフ名を作成すると、フレンドとキックオフをプレイした時の試合データがセッションごとに追跡可能。
キックオフ名をゲーマータグにリンクすれば、どこでプレイしようとサインインした時のデータを記録できる。

<PC データトラッキング>
キックオフ名を作成すると、フレンドとキックオフをプレイした時の試合データがセッションごとに追跡可能。

まとめ

毎年FIFAシリーズをプレイしているヘビーユーザーは、人気モードであるUTやキャリアモード、プロクラブなどをプレイすることが多いと思われるので、そもそもキックオフモードはメインでプレイするモードではないかもしれない。

少しライトユーザーに人気が出そうな気がするが、スポットでフレンドとプレイするときなどは、誰でも楽しめそう。
(筆者もサバイバルモードは結構面白そうな気がする)

一方のデータトラッキング機能・アカウントリンクは素晴らしい機能だと感じる。
FIFA19ではキックオフモードのみがトラッキングの対象のようだが、これがUTやプロクラブなどの人気モードに実装されれば、かなり面白いことは起きそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です