【FIFA20】ライセンス情報

本記事ではFIFA20に関連するライセンス情報を総合的にまとめていきます。

毎年EAとコナミの間でライセンスを奪い合うような構図にありますが、この件に関しての課題を解消するのは非常に難しいです。

FIFA20に関する発売前情報は下記のページで総合的にまとめていますのでチェックしてみてください。

関連ページ

毎年のことながら、EA PLAYを皮切りに、FIFAシリーズの最新作となるFIFA20の情報が解禁されました。 最新作FIFA20も9月下旬の発売が発表されましたが、発売まで様々な情報が次々と発表されていきます。 本記事では、FIFA2[…]

fifa20_info_summary_00

ユベントスとコナミが独占パートナーシップを発表

ユベントスとコナミの独占パートナーシップ契約

ユベントスとコナミは独占パートナーシップを交わしたことを発表しました。これにより、FIFA20ではユベントスのクラブ名・エンブレム・ユニフォーム・スタジアムなどの使用ができなくなります。

交わした契約年数は3年間であり、その間はFIFAシリーズでユベントスのライセンスは使用できません。

クリスティアーノ・ロナウドという世界屈指のプレーヤーを有するユベントスのライセンスを失ったのはEAとしてはかなりの痛手でしょう。

FIFA20での収録クラブ名は?
クラブ名は「Piemonte Calcio(ピエモンテ・カルチョ)」になります。
選手名やゲームフェイスへの影響は?
影響はありません。選手名はすべて実名収録されます。
選手間のケミストリーへの影響は?
影響はありません。これまで通り他のセリエAのクラブとケミストリーで繋がることができます。
TOTWなどの特殊カードへの選出は?
他の選手同様に選出対象です。ただしダイナミックイメージの取得はできないものと思われます。
過去作への影響は?
過去作への影響はありません。FIFA19ではユベントスとして使用できます。

バイエルンとコナミが長期パートナーシップを発表

バイエルンとコナミのパートナーシップ

バイエルンとコナミは長期パートナーシップを交わしたことを発表しました。これにより、FIFA20ではバイエルンの本拠地スタジアム「アリアンツ・アレーナ」の使用ができなくなります。

ただし、ユベントスとは違いクラブ名・エンブレム・ユニフォームに関してはFIFA20でも引き続き使用可能です。

選手名やゲームフェイスへの影響は?
影響はありません。選手名はすべて実名収録されます。
過去作への影響は?
過去作への影響はありません。FIFA19ではアリアンツ・アレーナを使用できます。

バルセロナとコナミがパートナーシップを更新

バルセロナとコナミのパートナーシップ

バルセロナとコナミはパートナーシップ契約を更新したことを発表しました。これにより、FIFA20ではバルセロナの本拠地スタジアム「カンプ・ノウ」の使用ができなくなります。

更新した年数は4年間であり、その間はFIFAシリーズで「カンプ・ノウ」は使用できません。ただし、ユベントスとは違いクラブ名・エンブレム・ユニフォームに関してはFIFA20でも引き続き使用可能です。

選手名やゲームフェイスへの影響は?
影響はありません。選手名はすべて実名収録されます。
過去作への影響は?
過去作への影響はありません。ただし、もともとバルセロナはFIFA17からコナミがパートナーシップを結んでいた為、FIFA17〜FIFA19ではカンプ・ノウは未収録のままです。

さいごに

ユーザー心理としてはEAとコナミにパートナーシップを締結してほしいものですが・・・そう簡単にはいきませんね。

【FIFA20】ライセンス情報
最新情報をチェックしよう!

関連記事